苦しむ遼くん「きょうはいろいろな思いが入り交じっていた」

[ 2010年11月19日 18:02 ]

第2日、通算3オーバーでホールアウトする石川遼

 【ダンロップ・フェニックス 第2日】トップと12打差。石川の2週連続優勝は苦しくなった。予選通過が危なかったほどで「何としても予選は通りたかった。きょうはいろいろな思いが入り交じっていた」と話した。

 前日からショットを修正し、アイアンは切れた。だが、パットが決まらず、アウトは2バーディーだけ。10番ボギーの後、12番は昨年第2ラウンドの「悪夢」の再現。第1打が左林の木の根元に行き、脱出で枝につかまり結局ダブルボギー。18番は右ラフから松林の直径1メートルのスペースを狙い、辛くも脱出。「あそこで当たったら予選落ちもあると思った」と胸をなで下ろしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年11月19日のニュース