潮田 史上初の屈辱…旗手でメダルなし

[ 2010年11月19日 06:00 ]

混合ダブルス2回戦 中国組に敗れた池田(奥)、潮田組

 【広州アジア大会】バドミントン混合ダブルスで、池田・潮田組の“イケシオ”は、2回戦で中国ペアに1―2で惜敗。潮田はメダルなしで終戦し、アジア大会16回目で初めて、日本選手団の旗手が表彰台に上れなかった。

 「悔しいですね。自分のペースに持っていけなかった」。ただ、前回対戦時には完敗したペア相手に、終盤まで接戦に持ち込んだだけに「簡単に負けなくなった」と潮田が言えば、池田も「負けたけど収穫があった。動きがミックス(混合ダブルス)らしくなってきた」と手応えを強調していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年11月19日のニュース