谷原 ソフトB秋山監督“金言”で首位発進

[ 2010年11月19日 06:00 ]

1番ホールティーショットを放つ谷原。5アンダーで首位発進

 【ダンロップ・フェニック第1日】5アンダーで首位に立った谷原は「ピンチもいっぱいあったけど、ノーボギーが良かった」と満足げ。8月に左肩を負傷した影響で1Wを打つと痛みがあるためボール5~6個分離れて構える変則フォームにしている。

 ショットには不安があるが「ショットが悪い分、アプローチ、パターに集中できる」。全体で最少の23パットで好スコアにつなげた。前夜にはソフトバンクの秋山監督と会食。「ためになるアドバイスをいただいた」と金言も生かし好発進した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年11月19日のニュース