今大会初のドーピング違反 柔道銀のムミノフが失格

[ 2010年11月19日 20:44 ]

 【広州アジア大会】アジア・オリンピック評議会(OCA)は19日、柔道男子81キロ級2位のショキル・ムミノフ(ウズベキスタン)をドーピング違反で失格とし、銀メダルをはく奪すると発表した。今大会で初の違反。

 同級で高松正裕(神奈川・桐蔭学園高教)が銅メダルを獲得したが、順位を繰り上げるかなどは近日中に決めるという。
 ムミノフは競技後の検査で興奮剤のメチルヘキサナミンが検出された。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年11月19日のニュース