100分の9秒差2位…5分後、日本歓喜の「金」

[ 2010年11月19日 06:00 ]

中国チームが失格となったため優勝が決まり、喜ぶ日本チームの(左から)藤井、立石、入江

 【広州アジア大会】競泳男子400メートルメドレーリレーで、日本が大どんでん返しで5連覇した。レース直後の電光掲示板の表示では中国に100分の9秒差の2位だったが、中国が引き継ぎ違反で失格となり、金メダルが転がり込んだ。今大会3個目の金メダルを獲得した入江陵介(20)は歓喜の涙を流した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年11月19日のニュース