池田勇太 単独首位浮上 遼くんは49位

[ 2010年11月19日 16:35 ]

 ダンロップ・フェニックス第2日(19日・宮崎県フェニックスCC=7010ヤード、パー71)初日2位の池田勇太が2日連続ボギーなしの5バーディー、66で回り、通算9アンダーの133で単独首位に浮上した。

 2週連続優勝を目指す石川遼は4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの70。通算3オーバーでトム・ワトソン(米国)らとともに49位にいる。
 首位と2打差の2位はこの日64の金度勲(大邱=韓国)で、さらに1打差の3位は丸山大輔。目下賞金ランキング1位の金庚泰(韓国)は通算5アンダーで4位をキープした。通算4オーバーまでの62選手が決勝ラウンドに進んだ。(出場83選手、曇り、気温15・2度、西の風2メートル、観衆4040人)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年11月19日のニュース