力士が禁止の自動車運転 三保ケ関親方に厳重注意

[ 2010年11月19日 22:50 ]

 力士が自動車を運転している映像がインターネットの動画サイト「ユーチューブ」に投稿されたことが19日、分かった。

 日本相撲協会は力士の運転を禁じている。同協会の放駒理事長(元大関魁傑)は力士が三保ケ関部屋の所属力士と確認したうえで同部屋の三保ケ関親方(元大関増位山)に厳重に注意したことを明かした。同理事長は「二度と運転させないように厳しく言った」と話した。
 映像では力士数人が自動車に乗り込み運転。九州場所が開かれている今月の撮影とされる。同理事長は今後の対応について「(21日の)理事会の議題にするつもりはない」との方針を示した。
 相撲協会は1985年、幕内だった水戸泉関(現錦戸親方)が起こした事故を発端として力士の運転を禁じている。しかし、2000年に当時幕内の闘牙関(現押尾川親方)が死亡事故を起こし、翌年の初場所の出場を自粛。07年には旭天鵬関が人身事故を起こし、その年の夏場所で出場停止処分を受けている。
 07年には十両以上の関取による力士会で運転許可を求める動きがあったが、相撲協会から退けられた経緯がある。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2010年11月19日のニュース