閉幕から一夜…五輪組織委のコー会長「全関係者に感謝」

[ 2012年8月13日 21:33 ]

 ロンドン五輪閉幕から一夜明けた13日、大会組織委員会のセバスチャン・コー会長がロンドン市内で記者会見し「選手が競技に集中できる環境をつくりだしてくれた全ての関係者に感謝したい」と述べた。

 その上で「まだ半分が終わったにすぎない。パラリンピックに向けてやらなくてはいけないことがたくさんある」と述べ、今月下旬からのパラリンピックの準備に取りかかる姿勢を示した。

 会見には、ロンドンのジョンソン市長と英政府のハント五輪担当相も同席。ジョンソン市長は「五輪がロンドンにもたらした経済効果は推計130億ポンド(約1兆6千億円)に上る」と指摘。ハント担当相は「五輪のレガシー(遺産)を生かすため、学校や地域でのスポーツ振興のため引き続き予算を投じていく」と述べた。(共同)

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2012年8月13日のニュース