妻・佳子さん、冷蔵庫に貼った未来日記で鼓舞

[ 2012年8月13日 06:00 ]

佳子夫人に金メダルをくわえさせられてVサインの村田

ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級決勝 ○村田諒太 判定 E・ファルカン●

(8月11日 エクセル)
 村田を支えた妻・佳子さん(30)は試合後、金メダルを首にかけてもらった。「あんなに打たれて大丈夫なのかなと思った。凄く格好良かったです」。勝利の瞬間は「この4年間いろいろ苦労があったので…」とさまざまな思いが込み上げてきたという。

 毎朝9時に出勤し、残業後に練習すると、帰宅が午後11時を過ぎる日もあった。気持ちが前向きになるように、自宅の冷蔵庫には「金メダルを獲って、家を買いました。ありがとうございました」と未来日記を貼った。カボチャやサツマイモが苦手な夫のために、常にバランスのいい食事でサポート。1歳の長男・晴道くんは中耳炎で、ロンドンに来ることができなかったが、「(試合が)早朝なので、起きていたと思う。いつもテレビでパパって呼んでますよ」と笑顔で話していた。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「女子アイスホッケー代表 スマイルジャパン」特集記事

2012年8月13日のニュース