永井、香川に挑戦状!A代表へ「サイドで勝負したい」

[ 2012年8月13日 06:00 ]

吉田(右)とじゃれあう永井

 ロンドン五輪で4強入りしたサッカー男子の五輪代表が12日、帰国した。3位決定戦で韓国に敗れ、あと一歩でメダルを逃し、FW永井謙佑(23=名古屋)はA代表でのリベンジを宣言。今後は所属する名古屋の定位置でもある2列目で勝負する意向を示し、MF香川真司(23=マンチェスターU)に“挑戦状”を叩きつけた。

 ロンドンで味わった悔しさはブラジルで晴らす。

 1次リーグで優勝候補スペインを破るなど快進撃を見せたが、最後は韓国に敗れて4位で終戦。永井は尻すぼみに終わった大会を振り返り「世界と戦えるのはA代表しかないので、そこを目指したい」と14年W杯ブラジル大会を雪辱の舞台に定めた。その上で「1トップではなく、どちらかというとサイドで勝負したい」と強調。所属する名古屋の定位置は左MF。A代表の左には香川が君臨するが、真っ向勝負を挑む考えを示した。

続きを表示

「女子アイスホッケー代表 スマイルジャパン」特集記事

「坂本花織」特集記事

2012年8月13日のニュース