村田、プロ転向に消極的「ほぼ可能性はないと…」

[ 2012年8月13日 06:00 ]

金メダルにを獲得した村田

ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級決勝 ○村田諒太 判定 E・ファルカン●

(8月11日 エクセル)
 村田は12日、五輪公園内で会見し、プロ転向について「ほぼ可能性はないと思います」と消極的な姿勢を示した。

 プロからのアプローチも予想されるなか「アマチュアはプロの下にあるのではない。チャンピオンベルトの価値はすぐ落ちる。五輪の金メダルはもっとシビア。追い続けてきた分、誇りを持っている。それをなげうってまで、行こうとは思わない」と語った。今後の競技生活については「8年後、東京で五輪が開催されるなら、現役でも現役じゃなくても、役に立つなら全力を尽くしたい」と含みを持たせた。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「女子アイスホッケー代表 スマイルジャパン」特集記事

2012年8月13日のニュース