米満決勝相手 腹壊していた「食べたものよくなかった」

[ 2012年8月13日 06:00 ]

ロンドン五輪レスリング男子フリースタイル66キロ級

 米満に敗れた北京五輪銅メダリストのクマールは、決勝の前におなかを壊したという。インドのチームリーダーは「食べたものが良くなかったようだ。彼は1時間で6度もトイレに行った」と明かした。

 10年世界選手権を制した強豪。準決勝では相手が耳にかみつかれたとアピールするほど、激しい気迫で勝ち上がってきた。最後はやや勢いを欠いたが、クマールは「困難や痛みもこの競技の一部。それがなければもっと激しくいけたが」と悔しそうだった。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「女子アイスホッケー代表 スマイルジャパン」特集記事

2012年8月13日のニュース