フェンシング男子銀メダル、千田が気仙沼で凱旋パレード

[ 2012年8月13日 06:00 ]

 ロンドン五輪のフェンシング男子フルーレ団体で銀メダルを獲得した千田健太(27)が12日、生まれ育った宮城県気仙沼市で凱旋パレードに参加。500人超の市民から熱い歓迎を受け、「みなさんの声援が銀メダルを後押ししてくれた。気仙沼に生まれ幸せ」とあいさつした。

 パレードに先立ち、東日本大震災で犠牲になった幼なじみの岩手県陸前高田市職員小野寺諭さん=当時(25)=の墓前に銀メダルを報告。「彼もきっと喜んでくれていると思う」と話した。

 女子フルーレ個人で7位入賞した気仙沼出身の菅原智恵子(35)のほか、男子団体メンバーの太田雄貴(26)らも参加。気仙沼市の菅原茂市長は「千田、菅原両選手に市民栄誉賞を授与したい」とサプライズ発表、会場を沸かせた。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「五輪社会」特集記事

2012年8月13日のニュース