粟生、村田の攻撃を絶賛!内山も「世界王者なれる」

[ 2012年8月13日 06:00 ]

ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級決勝 ○村田諒太 判定 E・ファルカン●

(8月11日 エクセル)
 WBC世界スーパーフェザー級王者・粟生隆寛(28)は世界を制した村田について「ボディーの角度がいい。真ん中、レバーと打ち分けて顔面に攻撃を散らしている」とボディー攻撃を絶賛した。

 初戦から村田はボディーを中心に攻撃を組み立ててきた。徐々にスタミナを消耗した相手がクリンチを多用し反則を犯す場面も目立った。決勝について「相手の反則がなければ負けていたのでは」という声もあったが、WBA世界同級王者・内山高志(32)は「ボディーでダメージを与えて3ラウンド目にはフラフラにさせていた」と村田の攻撃を分析。「プロでも世界王者になれる」と賛辞を贈った。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「五輪社会」特集記事

2012年8月13日のニュース