西川史子 右脳内出血で5時間手術 自宅で倒れ緊急搬送

[ 2021年8月20日 05:30 ]

医師でタレントの西川史子
Photo By スポニチ

 女医でタレントの西川史子(50)が、17日に右脳内出血のため都内自宅マンションから緊急搬送され、手術を受けたことが19日、分かった。所属事務所によると手術は成功し、現在は会話ができる状態という。約3週間程度の入院を予定している。

 西川は17日午前9時から病院で勤務予定だった。しかし同10時になっても出勤してこないため、勤務先の病院から事務所のマネジャーに連絡があった。

 正午にマネジャーが警察立ち合いのもと自宅マンションに入室し、リビングで倒れていた西川を発見。意識はあり、話もできていたが、都内の病院に救急車で搬送され緊急手術を受けた。手術は5時間にも及んだという。翌18日には会話もできて、メールを打ったり、今は「仕事や愛犬の心配をしている」(事務所)という。

 西川は16~17年に計3回、胃腸炎で入院しているが、事務所関係者は「血圧が高いなどの持病は特に聞いたことがない」と話している。現在は1人暮らし。本人は「朝、入浴後に異変を感じて倒れてしまった」と説明している。関係者は「コロナ禍で医療が逼迫(ひっぱく)している中、救急搬送していただき、手術も受けられて、非常に感謝している」と語った。

 西川は昨年1月から「本業に重点を置きたい」とタレント活動をセーブ。形成外科医として都内のクリニックに勤務する傍ら最近は新型コロナウイルスワクチンの職場接種を受け持つなどしていた。

 ◇西川 史子(にしかわ・あやこ)1971年(昭46)4月5日生まれ、神奈川県出身の50歳。聖マリアンナ医科大医学部卒。1996年「ミス日本 フォトジェニック賞」受賞。「恋のから騒ぎ」(日テレ)「サンデージャポン」(TBS)などに出演。09年に福祉関係の会社役員と結婚したが14年に離婚。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月20日のニュース