キンコン西野、お金の話ばかりする世間に辟易「僕は『これぐらい稼いでます』って1度も言ったことない」

[ 2021年7月12日 16:39 ]

「キングコング」の西野亮廣
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(41)が12日、音声プラットフォーム「Voicy」を更新。世間から「いくら稼いでる?」と聞かれることに対して、辟易していることを話す場面があった。

 西野は「僕の周りの起業家さんたちって、大体は“面白いから”っていう理由で動いてる人ばっかりです。一方、お金の話ばかりするのは世間です。例えば、僕とSHOWROOMの前田(裕二)さんとの対談で、『それ、いくら稼げるの?』なんて聞いたことないんですよね。みんな『次にこんなこと仕掛けようとしてる』って話をして、そのためにはっていう話をしている」と、例を挙げる。

 「僕がテレビに出たときって、せっかくNFT(非代替性トークン)の話をしようとしているのに『その仕事、いくら稼げまんの』って質問が飛んできてませんか。『プロセスをマネタイズすることで、アウトプットの選択肢が増える』って話そうとしているのに『横文字の難しい話はいいから、いくら稼げるの?』って話に持ち込まれる。芸人はギャグでやりますよ『稼いでまんな?』『好感度下がるからやめろ!』って。それはあいさつで、本題ではないんですよ。ただ、番組がニュースになるときって、そこが切り取られません?つまり、世間はお金の話が好きで好きでたまらない、っていう話です」と、語気を強める。

 「もちろんですね、世間の皆様から『収入はいくら?』って聞かれたら、答えますよ。ただ、答えたら最後『また、金の話かよ』って言うんですよ。お前が聞いてきたんや!また、お金の話をしてるのはそっちだ。何だ、そのハメ技はって。こっちから1度も『僕、これぐらい稼いでます』って言ってないんです、だって興味がないんだもの。オンラインサロンで、毎日2000~3000字くらいの記事を書いてますけど『この副業が稼げます』や『ここに投資しろ』みたいな話をしたことは、ただの1度もありません」と強調した。

 「僕は、お金を目的とする生き方を否定しないんです。ただ、結果的にお金を稼いでる人が全員お金を目的として生きてると思うのは大間違いで。お金の話ばかりしてるのは、どちらだって話を、1度胸に手を当てて聞いてみることをおすすめします。大谷翔平選手に向かって『野球のことはどうでもいいから、いくら稼いでるんですか?』っていうインタビュアーがいたら、どう思いますか。大谷選手と、インタビュアー、どっちが銭ゲバだと思いますか。そういう、インタビュアーになってる可能性があるよっていう話でした」と、忠告した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年7月12日のニュース