秘湯の女神・吉山りさ 「観光業の助けになれば」

[ 2021年4月29日 11:40 ]

吉山りさ
Photo By 提供写真

 【牧 元一の孤人焦点】テレビ朝日「秘湯ロマン」の旅人として知られるモデルの吉山りさ(41)がYouTubeに進出し、1人旅行などの動画を公開している。

 「旅行や散歩など、いろいろな動画をアップしていますが、圧倒的に再生回数が多いのは、お風呂に入っている動画です。テレビと違って、撮ってくれるスタッフさんがいるわけじゃなく自撮りしているので、ちゃんと映っているかどうか心配しながらやっています」とほほえむ。

 2017年から「秘湯ロマン」に出演。各地をめぐって温泉の魅力を発信し続け、「秘湯の女神」の愛称も持つ。

 シングルマザーで、娘が1人。その娘が昨年、高校卒業後に結婚して出産し、自身は当時40歳で祖母になった。

 「こんなに早く、おばあちゃんになるとは思いませんでした。娘が家を出て、1年半くらいになりますが、私はこれが人生初めての1人暮らしなんです。最初の頃は寂しくて、毎日お酒ばかり飲んでいたので、お酒に強くなりました」

 若々しさを物語る逸話がある。最近、近所に買い物に出掛けた時の話。10本ほどの酒類をかごの中に入れてレジに持って行くと、若い女性店員から「年齢確認」として、身分証明書の提示を求められた。本気で疑っているようなので、仕方なく健康保険証を差し出したという。

 「若く見られてうれしいというより、若干イラッとしました。その時は娘が一緒だったので、隣で大爆笑してました。地元で出歩く時は薄化粧だし、髪を結んでいると特に若く見られます」

 美容で心掛けていることは水分補給。夏場は1日に炭酸水2リットルと飲料水2リットルの計4リットル。よく飲んで、よく汗をかく。そして、長時間の入浴。自宅の湯船に3時間ほどつかる。秘湯の女神の面目躍如だ。

 YouTubeを始めたきっかけは昨年、結婚する娘との旅行を記念に撮影して公開したこと。視聴者から「もっと動画をアップしてほしい」と要望を受け、自ら撮影、衣装とメーク、編集を手掛けて公開を続けている。

 「観光に携わって来た人間なので、少しでも観光業の助けになればいいと思っています。日本の方々に、まず日本の良さを知ってもらいたい。全国各地、呼んで頂けるのならばいろんなところにうかがいたい。見て頂く方々には、私のことを彼女だと思ってもらったり、おばあちゃんだと思ってもらったりすると、うれしいです」

 今のコロナ禍が過ぎ去れば、活躍の場が広がるだろう。

 ◆牧 元一(まき・もとかず) 編集局デジタル編集部専門委員。芸能取材歴30年以上。現在は主にテレビやラジオを担当。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月29日のニュース