郷ひろみ、芸能界で一番好きだった女性の実名告白「年下ですが精神的にははるかに上」

[ 2020年10月9日 20:52 ]

歌手の郷ひろみ
Photo By スポニチ

 歌手の郷ひろみ(64)が9日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへスペシャル」(金曜後8・00)に出演。「芸能界で一番好きだった女性」を明かした。

 来年で芸能生活50周年を迎える郷。トップスターとして君臨し続ける郷に進行役の安住紳一郎アナ(47)が「芸能界で一番好きだった女性は?」というフリップを持って、本人に直球質問。

 郷は「1番好きになったのは今の妻ですけど」ときちんと前置きしてから「芸能界で1番好きだった女性は…」と反応。中居正広(48)が「マジの方で教えてください」とリクエストすると、郷は「山口百恵って人は好きでしたね」と告白した。

 中居に「何て呼んでいたんですか」と聞かれると「百恵ちゃん。(向こうは)ひろみさん、ひろみくんだったかな。あまりにも遠い昔のことだったので」と答えた。

 「僕が好きだってことは分かってたんじゃないですか。僕よりも3つ年下ですが、精神的にははるかに上でした」と郷。「精神年齢が上だったので、僕みたいな人を相手にしてもろくなことはないと思ったのでは」と山口さんの印象を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年10月9日のニュース