×

平原綾香 小林信吾さん追悼「音楽の天才」「曲を抱きしめて、これからも大事に歌っていきたい」

[ 2020年10月9日 13:40 ]

歌手の平原綾香
Photo By スポニチ

 音楽プロデューサーでキーボード奏者としても知られる小林信吾さんが今月4日、食道がん肉腫の術後転移再発のため東京都内の自宅で亡くなった。62歳。東京都出身。9日、所属事務所が小林さんの公式サイトで発表した。シンガーソングライターの平原綾香(36)が自身のプロデューサーも務めた小林さんを悼んだ。

 平原は自身のツイッターを更新。「作・編曲家であり音楽プロデューサーの小林信吾さんがお亡くなりになりました。大変お世話になった方であり、私のデビュー当時は、アルバムのプロデュースや楽曲提供もしてくださいました。最近では『アリア―Air―』のピアノも担当してくださり、信吾さんの弾く、あの素晴らしいピアノが大好きでした。音楽の天才であり、いつもクールで、私にとってもあこがれの存在でした。信吾さんが作曲し、そこに歌詞を書かせてもらった曲もたくさんあります。今はその曲を抱きしめて、これからも大事に歌っていきたいと思います。信吾さん、もう一度お会いしたかったです。天国に行っても、その素晴らしい音楽を奏でてください。平原綾香」と感謝した。

 辛島美登里(59)は自身のツイッターで「自分を変えたくて、小林信吾さんにアルバム『NIGHT&DAY』で『年下の恋人の浮気』『嫉妬』『怖れ』がテーマの、あえてクセの強い3曲の編曲をお願いしました。発注通り、でも私が嫌われぬよう、しなやかな余白を残すサウンド。本当に残念で悲しいですが、時を経て遜色ない信吾さんの世界を奏でていきます」と誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2020年10月9日のニュース