坂上忍 芸能界での新型コロナ感染発覚は「前向きに捉えるべき」

[ 2020年10月9日 13:24 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優・坂上忍(53)が9日、MCを務めるフジテレビ「バイキングMORE」(月~金曜後0・55)に出演。芸能界で新型コロナウイルス感染者が続々と発覚していることについて「前向きに捉えるべき」と語った。

 この日は、俳優の阿部サダヲ(50)、俳優の中川大志(22)、女優の広瀬すず(22)と、人気俳優が続々と新型コロナウイルスへの感染が公表されたことを取り上げた。

 坂上は新型コロナについて「対策しても誰もがかかる病気」としたうえで「各俳優さん、タレントさん含め、自分に何かしらの症状があった時はもちろん正直に申告してPCR検査を受けてって段取りを踏んでますし、各現場が対策を取ってるから、感染者が特定できていると、前向きに捉えるべきだと思う」と持論を展開。「僕らもいつそうなるかわからないから」とも主張した。

 お笑いタレントの土田晃之(46)も「現場に誰かがなってもバタバタしない世の中になっていかないといけない。新型コロナウイルスは世界中に広まっていることだから、自分たちで自己防衛してるけど、なっちゃってるんだから別に悪いことじゃない」と指摘した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月9日のニュース