×

村上春樹氏、ノーベル文学賞ならず ハルキスト今年もため息 受賞は米国の女性詩人

[ 2020年10月9日 05:30 ]

村上春樹氏に吉報は届かず
Photo By スポニチ

 スウェーデンの王立アカデミーは8日、2020年のノーベル文学賞を米国の女性詩人ルイーズ・グリュックさん(77)に授与すると発表した。村上春樹氏(71)は今年も受賞しなかった。英ブックメーカーによる事前予想では3番人気だった。

 東京都新宿区の紀伊国屋書店新宿本店では、発表時間にパブリックビューイングの場が設けられ“ハルキスト”と呼ばれるファンが集まった。発表瞬間「あ~」とため息。涙を流す人もいた。村上氏が店名を付けた岡山県倉敷市の「高橋人生堂書店」店主高橋頼子さん(69)は「いずれ必ず受賞する。引き続き作品を多くの人に広めたい」と話した。

 村上氏は06年にチェコの世界的な文学賞「フランツ・カフカ賞」を受賞して以来、毎年有力候補とされている。ただ15年にはウェブサイト内で「正直なところ、わりに迷惑です。正式な最終候補になっているわけじゃなく、ただ民間のブックメーカーが賭け率を決めているだけ。競馬じゃあるまいし」と吐露したこともあった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2020年10月9日のニュース