永瀬2冠、王将4期の久保九段を下し初の王将リーグ入り 王将戦2次予選1組決勝

[ 2020年8月20日 19:46 ]

藤井との再戦が決まった永瀬(撮影・我満 晴朗)
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)2次予選1組決勝が日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、永瀬拓矢2冠(27)が120手で久保利明九段(44)に勝利し、初の挑戦者決定リーグ入りを決めた。

 王将4期経験の久保との激戦を永瀬が制した。「割と最近風の、バランス型の将棋になりました。(84手目の)▲1一角という手を少し軽視してしまって、致命傷とまではいかないけど打たれて少し自信がないのかなと思いました」。相手は振り飛車党の第一人者であり、“粘り”も特色。「今局は切り合いの展開だったのでなかなか粘りという展開にはならなかったのかなと思います。勝ちを意識したのは最後。(118手目)△1七角と打って即詰みにだったので、勝ちになったのかなと思いました」とギリギリの攻防戦を振り返った。

 永瀬にとっては初の挑戦者決定リーグ入り。昨期シードの広瀬章人八段、豊島将之竜王、藤井聡太2冠、羽生善治九段など強豪がひしめき合う激戦リーグに参戦する。「その中で目を引くのは藤井さんですね。藤井さんと公式戦で指すのはひとつの目標ですので、挑決リーグという大きな舞台で対局できるのはうれしい」と研究会仲間である藤井との対戦を喜んだ。

 6月に行われた2つの藤井戦では連敗を喫した。「借りを返すというよりは、それまでに自力を高めて内容を拮抗できるようにしないと厳しい。奇策とか秘策はあまり通用しないという印象」。誰よりも藤井将棋を理解しているだけに、その一言に重みが含まれていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月20日のニュース