高嶋ちさ子 新型コロナでイベント自粛の影響に「我々みたいな仕事は…」

[ 2020年3月29日 14:04 ]

高嶋ちさ子
Photo By スポニチ

 バイオリニストの高嶋ちさ子(51)が27日放送のテレビ朝日「ザワつく!金曜日 3時間SP」(後7・00)に出演。新型コロナウイルスの影響により、イベントや公演で仕事をする人がダメージを受けていることに言及した。

 この日、番組では新型コロナウイルスによる各方面への影響が話題に。共演する元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(54)はハワイの現状について商業施設が30日間で“強制”休業となっていると説明し「日本より相当キツイ規制」と紹介した。

 その流れもあって、MCの「サバンナ」高橋茂雄(44)が「もっと日本も規制した方がいい?」と投げかけた。しかし、高嶋はコンサート出演などで生計を立てている人について「我々みたいな仕事は、みんな食べるのにも困ってる。仕事がなくて」と指摘。さらに、友人から聞いたという話を切り出し「この前なんか、ウーバー(Uber Eats)を頼んだら『友達が来た』って言ってた」と本業のイベントが中止や延期となっているため配達サービスでアルバイトをする仲間がいることを話した。

 続けて、イベントが相次いで延期や中止となる“自粛ムード”に「コロナで死んじゃうか、仕事がなくて病気になっていくか…」と厳しい現実を話し「それぞれの立場によって困っていることが全然違う」と深刻な表情を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月29日のニュース