「STU48」エース瀧野由美子 東京進出!こじはる、たかみな所属事務所に移籍「先輩みたいになる」

[ 2020年3月29日 05:30 ]

結成3周年を記念したインターネット動画の生配信で事務所移籍を発表したSTU48の瀧野由美子(C)STU 
Photo By 提供写真

 瀬戸内7県を拠点にする「STU48」が28日、広島県内から結成3周年記念のインターネット動画を配信し、デビュー以来4作連続でセンターを務めてきた不動のエース・瀧野由美子(22)が、グループの運営元・STUから事務所を移籍することを発表した。

 4月1日から、小嶋陽菜(31)や高橋みなみ(28)ら、AKBのレジェンドOGが多く所属する事務所「Mama&Son」に籍を置く。

 関係者によると、瀧野は「移籍を機に、モデルや演技など、いろんなことにチャレンジしたい」と話しているといい“瀬戸内から東京へ”華麗にステップアップ。今後は瀬戸内を拠点にしつつ、日本全国での知名度をアップしていく。

 最大の特徴は、アイドル界でも屈指といわれる清純な透明感。大きな黒目と「まだ一度も染めたことがない」というロングの黒髪がチャームポイントだ。17年に1期生として加入し、同年9月にはAKB48のシングル選抜メンバーに抜てきされるなど、早くから「ゆみりん」の愛称で人気を集めていた。

 公演で披露するサックスは中学から10年間習っていた腕前。一方「うっかりたきの」の異名をとる天然キャラとしても人気で、家から飲み物と間違えてパイプ洗浄剤を持ってきたこともあるという。

 瀧野は「こんな私に声を掛けてくださったことが本当にありがたい。48グループの中でも私の憧れで優しい先輩方ばかりなので、たくさんお世話になりたい」と笑顔を見せた。

 この日、グループは5月27日に5作目のシングル(タイトル未定)を発売することを発表。瀧野は「引き続きSTU48としても活動する。自分の可能性が広がると思って今回の挑戦をした。先輩みたいになれるようにしたい」と、さらなる進化に向け意気込んだ。

 ◆瀧野 由美子(たきの・ゆみこ)1997年(平9)9月24日生まれ、山口県出身の22歳。16年に広島県の大学に進学し、17年3月にSTU48のオーディションに合格。18年のAKB48選抜総選挙では74位。趣味は鉄道。「週刊少年マガジン」(講談社)表紙やテレビ朝日「しくじり先生」などに出演。1メートル64、血液型O。

 ▽STU48 2017年3月31日結成。専用の船「STU48号」を劇場として使用し、瀬戸内7県の主要な港を回り、歌や踊りを披露する。発足当初は指原莉乃が兼任メンバーおよび劇場支配人を務めた。18年総選挙5位のAKB48・岡田奈々が結成と同時に兼任で加わり現在も所属。昨年7月には東京・晴海ふ頭でグループ初となる東京での劇場公演を行った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月29日のニュース