「サザエさん」新OPは10年ぶり東京 4・5から!日本国内の各地を旅 名所を紹介

[ 2020年3月29日 08:00 ]

「サザエさん」の新オープニングは10年ぶりの東京。東京駅からスタート(C)長谷川町子美術館
Photo By 提供写真

 フジテレビの国民的アニメ「サザエさん」(日曜後6・30)で日本国内の各地を旅するサザエさんを描くオープニングが4月5日放送分から新しくなり、10年ぶりに「東京」の名所を紹介することが決まった。

 アニメは1969年10月に放送開始。74年1月に現在のオープニングに変更。サザエさんが最初に訪れたのは石川県だったという。最初の頃は地方ごとに旅をしていたが、2001年頃からは1つの県を半年ごとに紹介するスタイルに。季節や話題性などにより、実在の名所などをセレクトし、楽しく紹介してきた。

 直近の今月22日は愛知県。サザエさんは「国宝 犬山城」「竹島」「博物館明治村」「長篠設楽原決戦場跡」「八丁味噌の蔵」「なごやめし」「あいち航空ミュージアム」「花祭」「アイチ スカイ エキスポ」「尾張津島天王祭」を巡った。

 半年ごとの紹介スタイル以降、東京がオープニングの舞台になるのは2度目。前回は2010年4月~11年3月の1年間で、世田谷区にある長谷川町子美術館をはじめ、東京タワーや当時はまだ建設中だった東京スカイツリー、お台場などの湾岸エリアなど新名所と言われる場所を中心に、皇居や浅草寺、泉岳寺なども交えながらの紹介となっていた。

 今回の新オープニングの幕開けは東京駅。続いて皇居外苑二重橋、上野公園不忍池、旧古河庭園、鴨台さざえ堂(すがも鴨台観音堂)と続く。浅草寺前の雷門においては三社祭で大きな神輿を担ぐ勇ましい男たちが登場し、その後、東京の中でも緑あふれる高尾山の様子が映し出される。幾度も描かれてきたレインボーブリッジを空から眺めた後は、一昨年に完成したばかりの豊洲市場を訪れたサザエさんが両手いっぱいに買い物をしながら美味しそうなお寿司を堪能。最後は東京さくらトラム(都電荒川線)、そして六義園の美しくライトアップされた夜桜など、古き良き名所の中に、新しい現代の顔ものぞく、さまざまな東京の表情が楽しめる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月29日のニュース