田中みな実「仲悪い方が面白い」も女子アナの“対立構図”に苦言「そんな関係性も生まれない」

[ 2019年12月11日 13:49 ]

田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(33)が、10日深夜放送のテレビ朝日「川柳居酒屋なつみ」(火曜深夜1・56)に出演。ちまたで噂される女子アナ同士の不仲説について言及した。

 「イラッとくること」として、女子アナとの「対立構図」を挙げた田中は「後輩とか新人が入って来ると、必ず対立構図を作られる」と不満を吐露。「派閥なんて全然ないと思います。むしろ女子アナって個人商店なので、一緒になることがあまりないから同じ局アナでも」とし「そんなに意識したり嫌い合ったりというほどの関係性も生まれない」と局アナ時代を回顧した。

 田中と同期だというMCの宇賀なつみアナウンサー(33)は「仲悪いとか、何とか派みたいなね。(対立構造に)したがるよね」とうなずきつつ「そんなのないのに」と否定。「一人ひとり現場に行ってるから、帰って来てみんなで傷をなめ合うみたいな。一緒に闘っている感じ」とアナウンサー同士の関係性について明かした。

 俳優のムロツヨシ(43)は「一緒にいるところが見えないし、想像つかないからだろうね。仲悪いっていうストーリーがあると思いたいんだよね」と視聴者の気持ちを代弁すると、田中も「仲悪い方がおもしろいですもんね」と同調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月11日のニュース