プデュ日本 豆原一成らデビュー決定!イケメンぞろい11人、101人のサバイバルオーディション勝ち抜く

[ 2019年12月11日 20:57 ]

「PRODUCE 101 JAPAN」MCを務めるお笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之(左)と岡村隆史(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 101人の練習生たちが芸能デビューを目指すサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の最終回が11日、TBSで生放送され、上位11人のデビューメンバーが発表された。

 12月5日に放送された第3回順位発表式で35人から上位20人を選出。この20人の中から1位の豆原一成(17)、2位・川尻蓮(22)、3位・川西拓実(20)、4位・大平祥生(19)、5位・鶴房汐恩(19)、6位・白岩瑠姫(22)、7位・佐藤景瑚(21)、8位・木全翔也(19)、9位・河野純喜(21)、10位・金城碧海(19)、11位・與那城奨(24)の11人のデビューが決まった。

 豆原は川尻を抜き、初めて1位の座に。これまであと一歩届かなかったが、最後の最後で頂点をつかんだ。「本当に国民の皆さまのおかげですし、何よりここまで支えてくれた家族に感謝です」と涙ながらにファンに感謝。安藤誠明、上原潤、井上港人、大澤駿弥、本田康祐、床波志音、今西正彦、佐藤來良、宮島優心は惜しくも落選となった。

 グループ名は、11人が一つになって世界の頂点を目指すという思いを込めて「JO1(ジェイオーワン)」に決定。1位の豆原がデビュー曲のセンタ―を務め、2020年春にデビューシングルがリリースされる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月11日のニュース