ほのかりんご ソロデビュー曲で青森PR、吉幾三からエールも

[ 2019年12月11日 12:36 ]

デビュー曲をPRした、ほのかりんご
Photo By スポニチ

 青森県のご当地アイドル「りんご娘」の元メンバーとして知られるほのかりんごがスポーツニッポンの西部総局を訪れた。

 ソロデビュー曲「『俺ら東京さ行ぐだ』~わぁ青森が好ぎだver.~」は演歌歌手の吉幾三(67)が84年にリリースし、大ヒットした楽曲の青森バージョンだ。ラップの部分は変わらず、♪大間の鮪(まぐろ) なんどに食わせたい―♪青森リンゴ なんどに食わせたい―など、青森をPRできる歌詞が加わった。吉幾三とはりんご娘時代にドラマで共演し、父と娘の役柄だった。「ごあいさつに行ったら、十何年も前なんですけど、覚えてくださっていた」と感激。「同じ青森なんだから、頑張れ!」とエールをもらったという。

 りんご娘を卒業後、デビューまで丸6年の月日がたった。だからこそ、この曲にかける思いは強い。「日本全国を自分で脚を運んで、自分のことを宣伝して歩きたいなという目標があります」と目を輝かせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月11日のニュース