せいじ、週刊誌記者と“直”でやりとり 自らも数回電話…ジュニア「あいつやっぱりすごい」

[ 2019年12月11日 18:18 ]

千原ジュニア
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの千原ジュニア(45)が10日深夜放送の読売テレビ「にけつッ!!」(火曜深夜0・54)に出演。兄・千原せいじ(49)の2度目となる不倫騒動の裏側を明かした。

 せいじの不倫について言及する中、ジュニアは「あいつやっぱりすごいわ。まじでいかつい」と切り出し、せいじと記者のやりとりを告白。劇場の出番前に、楽屋でせいじといた時のこと。せいじは、自分の電話が鳴ると「文春や」と言い始め、待ち合わせ場所の相談など、記者と直接やりとりを始めたという。

 5月の“ハヤシライス不倫”で週刊誌の直撃を受け際、記者を同じ新幹線に乗せて事実を話していたせいじ。ジュニアは「前に交換してんねん」と、この時にせいじが記者と電話番号の交換をしていたことを告白。さらに、普通はマネジャーや事務所を通してから本人に連絡するため「直で(電話が)来んの?」と驚いたことを打ち明けた。

 ただ、事務所としては「直でタレントに連絡がいくっていうのはどうなのか」ということで、記者に問い合わせたという。すると「新幹線で交換してから今回初めて掛けさせてもらった。けど、ちょいちょいせいじさんからは掛かってきてます」との返事が。事務所は「大変申し訳ありませんでした」と謝罪したそうだが、ジュニアは「何をしてんねん。どういうことやねん」と最後までせいじの行動に理解できない様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月11日のニュース