近藤春菜「24時間テレビ」ランナー!既に練習で6キロ減量、ネットの“走者・木村佳乃説”に…

[ 2019年8月10日 22:21 ]

練習中のハリセンボン・近藤春菜
Photo By 提供写真

 今年42回目を迎える日本テレビの夏の風物詩「24時間テレビ42」(24~25日)の3人目のチャリティーランナーが、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(36)に決定した。近藤は既に練習を開始していて、体重も78キロから72キロに減ったと明かした。

 今回は「人と人~ともに新たな時代へ~」のテーマに沿い、1人42・195キロを4人がタスキをつないで走る駅伝方式。題して「人と人 ともに国技館へ 24時間駅伝」。チャリティーランナーは7月14日放送の「イッテQ!」でいとうあさこ(49)ガンバレルーヤ・よしこ(28)が発表されている。今年は毎年恒例の日本武道館が20年の東京五輪・パラリンピックへ向けた改修工事のため、初めて東京・両国国技館のゴールを目指すことになる。

 ランナー決定の連絡は「マネジャーさんからサラッと聞きました。いつものお仕事をいただく時と同じ感じで“8月末に走りそうです”みたいな感じ」だったといい、「不安はめちゃくちゃありましたけど、リレー形式というのと、一緒に走るメンバーを聞いて、それなら(タスキを)つなぎたいし、つながれたいなと思って決めました」と挑戦を決めた理由を明かした。

 ネットなどでランナーを予想する書き込みがあったことに「内緒にするのはしんどかった。ネットでは木村佳乃さんじゃないかとか書かれてて、大物じゃないと成り立たないと思って言いづらかった。私ってなんだろうと思った(笑)」と冗談を交えてコメントした。

 すでに練習は7回行い、最長は「9キロ」。体重は78キロが72キロになったという。ランナー決定発表があった10日放送の「嵐にしやがれ」(土曜後9・00)では「皇居周りとか走っているんですよ。でも、サラリーマンだと思われているみたい」と周囲に気づかれていないことをネタにして笑いを誘った。

 「スッキリ」(月~金曜前8・00)で共演するお笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)には「まだ報告してない。月曜日に会ったら加藤さんにアドバイスもらいたいです」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月10日のニュース