「BOYS AND MEN」ホールツアーで“全国区”へ 水野勝「新しいことに挑戦」

[ 2019年8月10日 12:58 ]

全国ホールツアーをPRする「BOYS AND MEN」の(前列左から)辻本達規、水野勝、小林豊、田村侑久、(後列左から)吉原雅斗、平松賢人、本田剛文、勇翔、土田拓海
Photo By スポニチ

 エンターテインメント集団「BOYS AND MEN」が9月19日に大阪・フェスティバルホールでホールツアーを開催。10日、大阪市内でメンバー9人が囲み会見に臨んだ。

 東京を皮切りに大阪、福岡など全国6カ所を巡る全国ツアー。2カ所目となる大阪での本格ライブは15年以来4年ぶりとなる。リーダーの水野勝(28)は「名古屋ではボクらの名前を知らない人はいない。でも、名古屋以外では知らない人しかいない。6都市を回るのは初めて。新しいことに挑戦するので、それを見ていただきたい」と“全国区”に向けてアピールした。

 歌、ダンスだけでなく、今回のツアーでは「ボイメン新喜劇」にチャレンジする。「コントはやったことありますが、新喜劇は初めて」と水野。本場大阪での“新喜劇”に辻本達規(28)が「一緒にロケ番組をやっていた」という元座長の石田靖(53)へ「ぜひ出ていただければ。本格的になりますね」とゲスト出演をお願いした。

 大阪の印象について、NHK「テレビでハングル講座」に出演中の吉原雅斗(25)が「大阪にはコリアンタウンがあります。大阪の人は優しいし、大好きな街です」と韓国語で語った。水野は「グループとしてくるのは少ない。みなさん、サービス精神がすごい。他の地域より熱いですね」と楽しみにしている。

 東海のスターから、全国区になることと同時に「紅白に出たい。そのスタートになれば」と小林豊(30)は大きな目標を掲げる。「満足していただけるよう準備してます」とリーダーの水野は自信をのぞかせた。

 全国ホールツアーは、東京(9月4日)、大阪(同19日)、名古屋(同23日)、札幌(10月14日)、福岡(同22日)、静岡(11月23日)の6カ所を巡る。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月10日のニュース