加藤浩次 吉本初の“エージェン芸人”で残留

[ 2019年8月10日 05:30 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 闇営業問題に端を発する吉本の分裂騒動で、経営陣が退陣しなければ退社すると宣言していた極楽とんぼの加藤浩次(50)が9日、吉本に残留することを明言した。関係者によると、吉本との間では基本的合意に達しており、近日中に文書で契約を交わす。

 この日、司会を務める日本テレビ「スッキリ」に生出演。吉本が8日に行われた経営アドバイザリー委員会の答申を受け、導入を決めたタレント自身がマネジメントを担う「専属エージェント契約」を結ぶ意向を示した。

 加藤は、騒動の発端となった宮迫と亮が会見を希望したにもかかわらず、吉本が許可しなかったことが“退社発言”の理由だったと説明。吉本の大崎洋会長(66)と6日に2度目の会談を行ったことを明かし、その際「今回のような反社の問題になった場合、個人で責任を取る代わりに自由を勝ち取るということを提案した」と話した。芸人のトップであるダウンタウンの松本人志(55)にも賛同され、後押しを受けたという。

 一時は加藤に追随する動きを見せる芸人も現れたが、残留が決まったことで分裂は収束へ向かうことになる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月10日のニュース