生と死が隣り合わせだった時代…木村多江「今の平和を考えるきっかけになれば」

[ 2019年8月10日 05:30 ]

NHK・BSプレミアムのドラマ「お父さんと私の“シベリア抑留” ~「凍りの掌(て)」が描く戦争~」に主演する木村多江
Photo By スポニチ

 女優の木村多江(48)が主演するNHK・BSプレミアムのドラマ「お父さんと私の“シベリア抑留”」が、10日午後9時から放送される。 

 漫画家おざわゆきさんが父親の話を基に描いた「凍りの掌 シベリア抑留記」が原案。木村はおざわさん役で、戦後のソ連・シベリアに抑留された少年たちの生々しい生活を知る。生と死が隣り合わせだった当時の様子から「生きることに執着する感覚が、視聴者の方に伝わったらいいなと思う」と話した。

 ドラマ×マンガの形式で、おざわさんが同作を描く経緯をドラマ映像で、シベリア抑留の様子はマンガのコマで伝える。「漫画からも恐怖や痛みがチリチリと伝わってくる。若い方にも、今の平和がどこから来たのか考えるきっかけになれば」とPRした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月10日のニュース