さんま 宮迫を「預かることになりそう」ラジオで明かす

[ 2019年8月10日 23:57 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 タレント明石家さんま(64)が10日、レギュラー出演するMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」で吉本興業の闇営業に端を発する一連の騒動に言及。今後の動向が注目される宮迫博之(49)について、「本決まりでも何でもないけど、ウチにくるんじゃないかと。預かることになりそう」と、自身の個人事務所に入る見通しであることを明かした。

 宮迫以外にもさんまの事務所への移籍希望者が続出しているといい、「えらい皆が言ってくれるので、泣いてしまうことがある。ありがたくて」と告白。だが、「仕事ないし、みんな断らなあかん状況」とし、「腕の良いマネジャーが欲しい。個人事務所の(芸人)ヒロミともゴルフやってきたけど、社員探しが大変やと言ってた」と吐露した。騒動について、「世間的には落ち着いてきたけど、こっち的にはこれからが大変」と話した。

 明石家ファミリーのジミー大西(55)からは「僕は岡本社長個人からの借金があるんで吉本をやめられません」と言われたといい、「“オマエを取る気ない。宮迫やから預かってもええと言うただけやから”と返した」と振り返り、笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月10日のニュース