田中みな実 彼氏に毎月手紙で… 長谷川京子「私も嫌だな」

[ 2019年8月10日 09:44 ]

フリーの田中みな実アナウンサー
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(32)が6日深夜放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。過去の恋愛で毎月記念日を設定して祝っていたことを明かし、共演者たちから「気持ちが重い」と指摘される場面があった。

 この日は「記念日って気にする?気にしない」のテーマでトーク。元乃木坂46の西野七瀬(25)は「気にしない」と答え、「(誕生日も)あんまり変わらないかもです。普通の日と」と淡々。一方、女優の長谷川京子(41)から「付き合った記念日とかやるの?」と質問された田中は「やってました」と即答。「20代のころは1カ月記念、2カ月記念、3カ月記念…1年4カ月記念、1年5カ月記念…毎月記念日があって、彼にプレゼントと手紙を書いていた」と告白。「毎月!?」と驚く周囲に対し、田中は「男性の方が結局多く(お金を)払ってくれたり、彼の家にいることが多くて、光熱費とかも使っているしという、そういう気持ち」と理由を説明。「毎月ちょっとした物とお手紙で『今月も大好きです』みたいな感じでお渡ししていた」と明かした。

 さらに田中は「こういう話をすると、男性はみんな『重い』って言うんだけど…」と不満げ。これに長谷川が「でも、私も嫌だな。気持ちが重いかも」と笑うと、田中は理解できない様子で「ええっ!気持ちが重いって何?愛が大きすぎるってこと?」と反論。しかし、長谷川は「いや、愛が大きいのと、気持ちが重いのは違うんだよね」と諭すように言ったが、田中は理解できない様子。西野に助け船を求めたものの「毎月はいらない」と返されてしまった。

 さらに、モデルの滝沢カレン(27)に「どのくらいの量のお手紙?」と聞かれた、田中は「便せん3枚」。この返答に他の3人は「重い」「多い、多い」と驚きの声。長谷川から「相手が何もしてくれなかったら?」と問われた田中は「誕生日とかに何も言われないのは寂しいですよね。お誕生日おめでとう、生まれてきてくれてありがとう。“ギュッ”てされるだけで十分」とキッパリ。しかし、長谷川に「言葉1個1個が重いわ」と一蹴され、再び「ええっ!」と絶叫していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月10日のニュース