山口が1月に動画配信サイトで12月の事件告発…運営側批判し騒動拡大

[ 2019年5月19日 05:30 ]

NGT48山口真帆 卒業公演

卒業公演を行ったNGT48の山口真帆(AKS提供)
Photo By 提供写真

 昨年12月にファンから暴行を受けたNGT48の山口真帆(23)が18日、新潟市内の専用劇場で卒業公演を行い、グループを卒業した。今年1月に暴行被害を配信動画で自ら告白。運営側の対応を猛批判するなどして、騒動は大きく広がった。

 ▽山口の暴行被害 昨年12月8日午後9時ごろ発生。劇場公演を終えて自宅マンションに帰宅した際に、玄関先に押しかけた、いずれも20代の無職の男と大学生の男から顔をつかんで押されるなどの被害を受けた。県警は翌9日に2人を逮捕。その後、不起訴になり釈放された。山口が今年1月に動画配信サイトで事件を告発して発覚、一部メンバーの関与を示唆。事件を調査する第三者委員会は3月に一部メンバーがファンと私的交流があったとした一方、事件への関与は認められなかったと結論づけた。AKSは4月に襲撃犯グループを提訴。

 ≪山口暴行事件の経過≫

 ▼18年12月8日 山口が男2人から暴行被害を受ける

 ▼9日 山口を暴行した疑いで新潟県警が男2人を逮捕。その後不起訴となり釈放

  ▼19年1月8日 山口が動画配信サイトで事件告発

 ▼9日 山口がツイッターで、事件にメンバーが関わっていたと指摘

 ▼10日 山口がグループ3周年公演でファンに謝罪。その後運営会社が、メンバーの1人が犯行グループに山口の帰宅時間を推測できるような発言をしていた事実を公表

 ▼14日 騒動を受けてNGT劇場支配人を今村悦朗氏から早川麻依子氏に。運営責任者らが騒動後初めて謝罪会見

 ▼2月1日 運営側が事件調査のため第三者委員会を設置

 ▼9日 1カ月ぶりにNGT48の正規メンバーの公演を再開

 ▼3月13日 AKB48が公式サイトで選抜総選挙を今年は開催しないと発表

 ▼21日 第三者委員会が調査報告書を発表。ファンとメンバーが私的に交流していた事実を認める

 ▼22日 運営会社が第三者委員会の調査報告書の説明会見。会見中に山口が怒りの反論ツイートを5連発

 ▼4月11日 2チームを解散し、一本化して再スタートすることを公式サイトで発表

 ▼21日 チームGの千秋楽公演に山口が出演。菅原、長谷川と3人の卒業を発表

 ▼5月1日 運営会社が犯行グループを提訴したことが本紙報道で明らかに

 ▼6日 握手会で最後のファン交流

 ▼7日 山口、菅原、長谷川の3人で卒業公演を行うことを発表

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月19日のニュース