不倫報道の千原せいじ“完落ち”「めちゃくちゃやりました」松ちゃんのダメ出しに開き直り

[ 2019年5月19日 10:41 ]

千原せいじ
Photo By スポニチ

 20代の一般女性と不倫関係にあることを16日発売の「週刊文春」で報じられたお笑いコンビ「千原兄弟」の兄・千原せいじ(49)が19日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で報道後テレビ初出演。騒動を謝罪したほか、家族の反応などについて語った。

 スタジオに登場し、開口一番「関係者の皆さま、本当にすみませんでした」と殊勝に頭を下げたせいじ。妻からは記事の全文を「音読せえ」と言われたといい、実践したところ「最初から読まされて、(冒頭の)『千原兄弟』でかみました」と、うなだれつつ明かした。

 いつもの威勢のよさがなく、メーンコメンテーターの「ダウンタウン」松本人志(55)は「もっと堂々としてると思った」と意外な表情。さらにせいじが「(不倫をやめる)努力をしたけど無理やった」と話すと「くそみたいな言い訳」と強烈にダメ出しを食らわせる場面があった。

 これには、せいじも開き直って「めちゃめちゃ、やりました。(宿泊した)ホテルの21階で!!」と絶叫して完落ち。「(自分は)性根の弱い男ですわ。人の不倫報道に興味がなかったから、誰が(自分の)不倫に興味があるのかと思って、(相手と2人の場面でも)堂々としていた」と弁明していた。

 週刊文春によると、せいじは今月9日、20代のスレンダー美女と名古屋の高級ホテルで密会。文春の直撃取材に対し「たまたまモテたんやって。カレーライスばっかりじゃなくて、たまにはハヤシライスやハッシュドビーフ、食べたなるしね」などと不倫相手を食べ物に例えてつつ、不倫を認めたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月19日のニュース