磯野貴理子 2度目の離婚「はやく起きた朝は…」で報告

[ 2019年5月19日 06:48 ]

磯野貴理子
Photo By スポニチ

 タレントの磯野貴理子(55)が24歳年下でバーテンダーの夫と離婚したことを19日に放送のレギュラー番組「はやく起きた朝は…」(フジテレビ、前6時半)で報告した。

 番組の終盤、磯野は「知らない方もいらっしゃるかもしれないので言っときますけど、私の夫はすごく年下なんですよね。24歳下ですごい若いんですよ。だから覚悟はしていた。向こうから言い出したんだけどね」と切り出した。そして「一応、理由聞きたいじゃない。待ってたらさあ、“自分の子どもが欲しい”って。“自分の子ども欲しいんだ”って言われて、あーそうかそうか、そらそうだって思って、“そうだよね、うんうんうん分かった分かった”って。“俺、勝手言って”って言って、“勝手じゃないよ、自然なことだよ、当たり前じゃないの、分かった分かった”って言って、別々の道を歩くことになって、そういう報告ですよ」と話した。隣で号泣した松居直美(51)には「直美ちゃん、心配かけたもんね。面倒してもらったもんね。大丈夫大丈夫」と声をかけていた。

 2人は、2012年9月のゴールインから、約7年で結婚生活にピリオドを打つことになったという。

 磯野は2009年に「かしまし娘」の正司照枝(86)の長男で、担当マネジャーだった男性との離婚経験があるため、今回で“バツ2”となる。

  離婚した夫は都内で飲食店を経営している、色黒でガッチリしたEXILE系のイケメン。14年に磯野が脳梗塞で倒れた際には、いち早く異変に気づき病院へ運んだ。その時に救急隊員から磯野の“息子”と間違われたというエピソードでも話題になった。16年には女性に全治6カ月の重傷を負わせる暴力沙汰を起こしていたことが一部週刊誌で報じられたこともあった。

 ◆磯野 貴理子(いその・きりこ)1964年(昭39)2月1日生まれ、三重県出身の55歳。高校卒業後、3年間の銀行勤務を経て87年に芸能界入り。女性お笑いトリオ「チャイルズ」としてフジテレビ「笑っていいとも!」にレギュラー出演した。07年に「磯野貴理」と改名したが、11年に元に戻した。中国語検定「HSK」の2級、書道七段を取得。血液型A。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月19日のニュース