松本人志 “戦争発言”丸山議員に「エネルギッシュの使い方間違ってる」

[ 2019年5月19日 10:56 ]

「ダウンタウン」松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が19日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。北方領土の「戦争による奪還」に言及し、日本維新の会を除名処分となった丸山穂高衆院議員について持論を述べた。

 北方領土返還に関して、丸山氏は訪問先の国後島で元島民に対し「戦争をしないとどうしようもなくないか」などと発言。自身に対する辞職勧告決議案が検討されていることについて、自身のツイッターで「憲政史上例を見ない、言論府が自らの首を絞める辞職勧告決議案かと。提出され審議されるなら、こちらも相応の反論や弁明を行います」と反発していた。

 松本は、丸山議員が当時酒を飲んでいたことから「一般人でも、酒の席で政治や宗教の話はあんまりしない方がいいというのがある。ましては議員さんが酒飲んでこっちの話に入っていくって…」と苦言。さらに「エネルギッシュの使い方を間違ってますよね。もっと違うところでエネルギッシュは使ってほしかった」と、丸山議員の“熱量”の方向性を残念がった。

 また、北方領土の奪還を巡って「戦争」の言葉を用いていることに「本人が腹の中で思うのは勝手」としつつ、最後は「ここで相手を見てやってしゃべらないとダメ」と突き放した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月19日のニュース