紅白リハ、Hey!Say!JUMPからスタート 知念は男子チアをパフォ 成功確率は「7割ぐらい」

[ 2018年12月29日 09:05 ]

<紅白歌合戦リハーサル>笑顔を見せるHey!Say!JUMPの(前列左から)知念侑李、山田涼介、有岡大貴、伊野尾慧、(後列左から)高木雄也、薮宏太、八乙女光、中島裕翔(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールで始まった。

 最初に登場したのは、2回目の出場となるHey!Say!JUMP「Ultra Music Power〜Hey!Say!紅白スペシャルver.〜」が披露。日本一の男子チアリーディングチーム・早稲田大学「SHOCKERS」と男だらけのステージを繰り広げる。「SHOCKERS」の迫力ある演舞に「Hey!Say!JUMP」にもチャレンジする。

 出場歌手ら49組のリハーサルは31日の本番当日まで続く。29日は音合わせ、30、31日は通しリハーサルなどが行われる。

 2016年から東京五輪イヤーを目前とした2019年の「第70回」まで、共通テーマとして「夢を歌おう」を掲げ「新しい時代に向けて、一歩を踏み出す力になるような歌を、世界中に届けます」としている。2020年の東京五輪とパラリンピックに向け、昨年から19年までテーマを「夢を歌おう」に統一。総合司会は2年連続で「ウッチャンナンチャン」の内村光良(54)と同局の桑子真帆アナウンサー(31)が務め、紅組司会は女優の広瀬すず(20)、白組司会は「嵐」の櫻井翔(36)が務める。

 今年ジャニーズ事務所からデビューした「King&Prince」、デビュー3年目のシンガー・ソングライター、あいみょん(23)、男性5人組「純烈」、歌手のDAOKO(21)、6人組バンド「Suchmos」らが初出場する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月29日のニュース