“講談界の風雲児”神田松之丞 20年2月に真打ち昇進

[ 2018年12月29日 05:30 ]

神田松之丞
Photo By 共同

 “講談界の風雲児”とも呼ばれ人気の講談師神田松之丞(35)が2020年2月に真打ちに昇進することが決まったと、所属する落語芸術協会が28日、発表した。松之丞は07年に神田松鯉(しょうり)に入門、12年に二つ目に昇進。テレビやラジオでも活躍中で、若手落語家らと「成金」というユニットも組んでいる。今回、先輩9人を抜いての昇進という。

 同じく「成金」メンバーの人気落語家柳亭小痴楽(30)の19年9月の真打ち昇進も発表された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月29日のニュース