夢眠ねむ、でんぱ組卒業後の野望は「出産!!(笑)」アイドルとして最後のトークショー

[ 2018年12月29日 18:47 ]

トークショーに参加した浅野いにお氏(左)と夢眠ねむ
Photo By 提供写真

 19年1月7日にアイドルグループ「でんぱ組.inc」を卒業、3月末に芸能界引退をする夢眠ねむ(年齢非公表)が29日、漫画家・浅野いにお氏(38)の「画業20周年記念企画 浅野いにおの世界展〜Ctrl+T2〜」イベントに参加。卒業後の目標を語った。

 会場では人気漫画「ソラニン」や「おやすみプンプン」「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」などの作者で、親交のある浅野氏とトークショーを実施。「(アイドル活動)10周年はどう?違いを感じる?」という浅野氏の質問に「顔がマシになった。(10年前は)ただの汚い美大生だったけど(笑)」と応じ、笑いを誘った。

 観覧客からの質問に答える企画では、今後挑戦したいことや野望について聞かれると夢眠は「出産!!(笑)お姉ちゃんに子供が生まれて、今は姪(めい)を可愛がり倒している。やっぱり母子は尊いですね〜」とコメント。浅野氏は「今は目標を探すのに精いっぱい。これまでインターネットの普及とか、今後周りの環境とかが変わっていくと思うから、自分がどう変わっていくか楽しみ」と語った。

 最後に夢眠は「ここでしかしゃべれない、謎の温度感の話ができました。アイドルとしてこういう仕事をするのは最後なので…。ありがとうございました」と感謝の思いを述べた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月29日のニュース