漫画家の石川球太さん死去 78歳「牙王」「少年ケニヤ」

[ 2018年12月29日 05:30 ]

死去した石川球太さん
Photo By 共同

 「牙王」「少年ケニヤ」などで知られる漫画家の石川球太(いしかわ・きゅうた、本名輝義=てるよし)さんが10月15日、病気のため東京都国立市の自宅で死去した。78歳。横浜市出身。葬儀・告別式は近親者で執り行った。喪主は妻陽子(ようこ)さん。

 戸川幸夫さんの小説「牙王物語」を原作とした「牙王」(1965〜66年)では、北海道の大雪山を舞台とした人間と動物のドラマを描いた。犬や狼などが活躍する動物漫画の第一人者として、リアルでダイナミックな画風で人気を博した。

 山川惣治さんの絵物語「少年ケニヤ」の漫画版も手掛け、アフリカのジャングルを舞台とした日本人少年の冒険を描いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月29日のニュース