三山ひろし けん玉世界記録リベンジへ「自信は120%」

[ 2018年12月29日 18:26 ]

「第69回NHK紅白歌合戦」リハーサルで、取材に応じるDJ KOO(左)と三山ひろし
Photo By スポニチ

 三山ひろし(38)が29日、NHKホールで「第69回NHK紅白歌合戦」(31日後7・15)のリハーサルに出席した。昨年、三山は「男の流儀」を歌いながら、けん玉のギネス記録に挑戦。「大皿」という技を世界記録の124人成功させることを目指したが、14人目で失敗。今年は「去年のリベンジをしたい」という思いで、「いごっそ魂〜けん玉世界記録への道、再び〜」を歌唱しながら再び記録に挑む。リハーサルでは「リラックスした感じで、今のところパーフェクト」だと自信をのぞかせた。

「124番目の僕が失敗してしまうと“お前かよ”ってなるので」、大皿よりもさらに高度な技「大皿ジャンプ」でトレーニングをして本番に挑むという。「私は失敗しません。本番は間違いない」とし、「自信は120パーセントあります」と力を込めた。昨年、失敗した14番目の人は「正月は落ち込んで寝込んでいました」と明かしたが、「今年はリベンジしたい」と意気込み、「気合十分」で本番に臨むそう。

 そんな三山だが、デビュー10周年ということで、最近はけん玉だけでなく「ドローン」にも興味を持っているという。「3級オペレーターの資格を取りました」と自慢げ。近い将来、PVを撮影したり、宣伝活動に使ったり「音楽活動に生かしていきたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月29日のニュース