団長安田 トライアスロン復帰レースで完走「必死こいてゴール」

[ 2016年5月22日 15:20 ]

安田大サーカスの団長安田

 お笑いトリオ「安田大サーカス」の団長安田(41)が22日、和歌山県で行われた「第3回南紀白浜トライアスロン大会」(スイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)に挑戦、同日に自身のインスタグラムで無事に完走したことを報告した。

 団長安田は、2015年7月にトライアスロン大会で自転車走行中に転倒し、一時意識を失う事故にあった経験があり、今大会はけがからの復帰レースでもあった。

 今回のレースでは「バイク終わりのランで脚がピクピク。ゴール前でペース上げたら!!完全に攣(つ)りました!!情けないけど必死こいてゴールしました!!」と苦戦しながらも完走し、「けっこうハードなコースでした!!」と振り返った。

 19日にはオランダで行われる「2017年世界トライアスロン選手権(40~44歳カテゴリー)」への挑戦も表明しており、「このスポーツの魅力をもっとみなさんに知っていただきたい!」「世界一になれば、もっと多くの人がこのスポーツを見てくれるかもしれない」と語っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月22日のニュース