田嶋陽子氏 宿敵・舛添知事をバッサリ「許したところでこれからもケチよ」

[ 2016年5月22日 13:59 ]

番組内で舛添知事について言及した田嶋陽子

 元参院議員の田嶋陽子氏(75)が22日、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」(日曜前11・55)に出演。90年代に同番組内で何度も論争を繰り広げてきた“宿敵”で、新たに政治資金の私的流用問題が浮上した東京都の舛添要一知事(67)について言及した。

 田嶋氏は番組冒頭で「第一印象は貧乏臭い話だと思った」と今回の騒動の印象を語り、「(家族の旅行なんか)それくらい自分で出せばいいじゃない」「文字通りセコい」と持論を語った。また「これは人格や人間性の問題。許したところでこれからもずっとケチよ」と舛添知事を切り捨てた。

 一方で同番組レギュラーの、タレントの大竹まこと(67)から「(舛添知事のことを)そんなに嫌いでもなかったんじゃないですか?」と尋ねられると、「ちょっとお茶目なことがあった」と、人間としては嫌っていなかった様子ものぞかせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月22日のニュース