小倉智昭キャスター退院 23日に予定通り復帰

[ 2016年5月22日 13:37 ]

膀胱がんのため休養に入ることを明かした小倉智昭氏

 膀胱(ぼうこう)がんの手術のため、フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)を休養中の小倉智昭キャスター(68)が22日、自身のブログで退院したことを報告した。16日に入院し、17日に手術を受け、21日に退院した。小倉氏はスケジュール通りに進んだことについて「ほっとしています」との心境を吐露。予定通り23日の「とくダネ!」で仕事に復帰する。

 現在は自宅で静養中で「体は元気なんですが、一ヶ月は禁酒、禁辛、禁欲、禁ゴルフ。それが辛いです」。術後1、2日で患部は落ち着いてきたものの、カテーテルが入っていたため、友人や知人のお見舞いは固辞。「申し訳ありません。ご心配をいただき、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします」と謝罪と感謝の言葉をつづった。

 小倉氏は13日放送の「とくダネ!」で、膀胱(ぼうこう)がんの手術のため1週間の休養をとることを発表。がん発見のきっかけは昨年末、微量の血尿を発見し検査を受けたことで「細胞診を受けたら、がんがありそうだということが分かった。僕は糖尿なので腎臓に(がんが)出るのが一番怖かった」と全身を検査したところ、「最後の最後に膀胱に内視鏡を入れたら、がんがあることが分かった」と説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月22日のニュース