アイドル冨田真由さん 男に20カ所刺され重体…イベント出演前に

[ 2016年5月22日 05:30 ]

冨田真由さんが刺された現場付近に置かれていた、イベントを告知する紙(画像の一部を加工しています)
Photo By スポニチ

 東京都小金井市のライブハウスが入る建物の敷地内で21日午後5時すぎ、アイドル活動をしている冨田真由さん(20)が男に刃物で首や胸などを刺された。冨田さんは病院に運ばれたが20カ所以上を刺され意識不明の重体。警視庁小金井署は傷害の疑いで住所、職業不詳、自称岩埼友宏容疑者(27)を現行犯逮捕した。富田さんは警視庁に、ブログやツイッターに執拗(しつよう)な書き込みをされていることを相談をしていた。

 アイドルらが出演するにぎやかな週末のイベント会場が、一転して凄惨(せいさん)な事件現場となった。

 目撃者によると、地下1階のライブハウスにつながる階段の入り口付近で刃物を持った男がいきなり冨田さんに襲いかかり、何度も刺した。居合わせた人は悲鳴を上げて逃げ惑い、近くにいた関係者は突然の出来事にぼう然とした様子で「口と手が血まみれになった男がパトカーに乗せられた」と声を震わせた。現場近くの店員は「事件直後“俺がやった。俺がやった”と叫ぶ男の姿を見たという人がいる」と語った。

 この日は午後7時から冨田さんを含む5組が出演するイベントが予定され、冨田さんは午後9時ごろの出演に向けて会場入りしたところだったとみられ、ギターケースを抱えたまま倒れていた。同じ建物で居酒屋を経営する女性(60)によると、階段の入り口付近に直径約50センチの血だまりと、血で真っ赤になったマスクが落ちていたという。

 目撃者が「男が刃物で女性の首を刺している。女性が倒れている」と110番。小金井署員が駆け付けると、現場に血の付いた折りたたみ式ナイフがあり、倒れていた冨田さんの近くに立っていた岩埼容疑者が「これで刺した」と認めた。小金井署によると、岩埼容疑者は「刺したのは間違いない」と容疑を認めている。冨田さんのファンだったとみられ、経緯を調べている。

 冨田さんは武蔵野市在住で、都内の私立大に通学。傷は首や胸のほか、背中や両腕などにもあった。1週間前の14日には自身のブログに、長野県の実家に帰省した際の写真を掲載するとともに「21日にライブします!」と書き込んでいた。

 現場はJR武蔵小金井駅の南西約300メートルで、市役所やマンションが立ち並ぶ一角。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月22日のニュース