関根勤 心臓手術受けていた 番組企画の検査で発見

[ 2016年5月22日 07:00 ]

心臓疾患の手術を受けていたことが分かった関根勤

 タレントの関根勤(62)が心臓疾患のため手術を受けていたことを21日、明かした。TBS系「サタデープラス」(土曜前8・00)の次回予告で発表。所属事務所によると、4月上旬に番組の企画で心臓ドックの検査を受け、冠動脈の狭窄(きょうさく)と診断された。冠動脈が狭くなり、血液の流れが悪くなっている状態だったという。医師から「心配な傾向が出ている」という報告があったため、番組側から事務所を通じて本人に知らされた。

 関根に自覚症状はなかったが、手術を決意。今月2日に「ステント」という筒状の金網を使った冠動脈を広げる手術を受け、4日午前に退院。同日午後、レギュラーを務めるラジオ番組の収録で仕事復帰した。

 長女でタレントの関根麻里(31)が昨年11月に女児を出産したばかり。「サタデープラス」の次回予告で流れたVTRでは、関根が手術前に「82歳まで生きなきゃいけない。孫の成人式まで」と告白する姿や、医師が「命に関わる病態に陥る可能性が極めて高い。いつ倒れてもおかしくない状況」と語る場面が流れた。

 番組の進行役で関根と親交が深い小堺一機(60)は「いたって元気」と状況を語り、「手術が終わりました。今から看護師を4人ぐらいナンパして帰ります」というジョークを交えたメールが来たことを伝えた。

 28日の同番組で、検査から手術までを密着した特集を放送する。スタジオに関根も本人生出演し、経緯や心境を語るという。

 ▽冠動脈の狭窄 動脈硬化の一種で、血液中にコレステロールなどの脂質がたまることで血管の内側が狭くなって起こる。心筋への血液の供給量が少なくなり、胸を締め付けられるような痛みを感じることもある。治療法としては、薬物治療、ステント留置のほか、別の血管をつないで迂回(うかい)路を作るバイパス手術などもある。

 ▼中原英臣医師(山野医療専門学校副校長) 冠動脈の狭窄は年を取るとなりやすくなる。運動不足や飲み過ぎ、脂分を含む食べ物を多く食べるなど、生活習慣が大きな要因にもなる。放置しておけば、心臓に酸素が行き届かなくなり、心筋梗塞を引き起こすことも。人間ドックなどで行われる通常の心電図検査では分からない。階段を上った時の激しい息切れなど体調に不安を感じたら、心臓ドックなどで精密な検査を受けたほうがいい。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月22日のニュース