“白黒ついた”!?ゲス川谷パンダ姿に 騒動終結後初の舞台で

[ 2016年5月22日 05:30 ]

野外ステージでパンダの衣装を着て熱唱する川谷絵音

 タレントのベッキー(32)の不倫相手だった川谷絵音(えのん、27)率いるロックバンド「ゲスの極み乙女。」が21日、東京・若洲公園で行われた野外音楽祭「METROCK 2016」に出演した。

 今月2日に離婚した元夫人が18日に騒動の終結を発表して以来、公の場に出るのは初めて。14日の大阪公演ではウサギの着ぐるみを着て歌ったが、この日はステージの途中でパンダの格好に早着替え。騒動に“白黒ついた”ことをほのめかす狙いがあったかもしれないが、騒動については一切語らなかった。

 ステージではいつもの冗舌なトークはなく「踊ろうぜ」などの短い言葉で観客の熱気をあおった。途中、スコールのような大雨に見舞われ「歌い始めたら急に降ってきた」と苦笑い。出演後にはツイッターで「最近、喉が原因不明でかなり良くない状況が続いて参ってんだ」と明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月22日のニュース